エコノミークラス症候群の基礎知識

深部静脈血栓症は、エコノミークラス症候群と呼ばれている疾患です。以前、サッカー日本代表の高原選手が発症し、ワールドカップに出場できなかった話は、報道でも話題になりました。飛行機や自動車などの座席で、同じ姿勢を取り続けていると起こることで知られています。

このエコノミークラス症候群の症状は、下脚が赤くなる・腫脹・痛みが初期に表れます。そして座席から離れ歩き出すと、胸の痛みや息苦しさを感じるようになります。重症化した場合は、心拍数の増加、呼吸困難、失神、意識消失を起こし、心肺停止から突然死となることもあります。

エコノミークラス症候群の原因は、下肢や上腕その他の静脈に血栓が生ずるためで、この血栓が血液とともに肺へ流れ、肺動脈が詰まると酸素の供給が低下し呼吸困難になります。エコノミークラス症候群で血栓が生ずるのは、運動や水分不足による血流のうっ滞が主な要因で、高血圧や血栓症などの人に多く見られます。

機内で行う、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)予防の体操があります。座ったままでもでき、飛行機以外でも応用できます。足の指でグーをつくる、足の指をひらく、足を上下につま先立ちする、つま先を引き上げる、ひざを両手で抱え足の力を抜いて足首を回すなどです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。